起業・開業・独立・助成金・事業計画書のご相談は、東京都品川区五反田 渡辺里司税理士事務所

起業までの道のり

1.ビジネスプランと会社の組織形態を考える

業種や事業内容など、これから行うビジネスプランをまとめてみましょう。
そしてそのためには、会社を設立するか…株式会社・合同会社・個人開業など、業務内容・事業規模に合わせた形での設立を検討します。
↓

2.事業計画を作成する

事業計画書とは、その事業の内容・取扱商品・収支予算などを記した、どのような事業をするかを説明した資料です。
基本的に自分自身のために作成するもので、提出義務はありませんが、日本政策金融公庫などから開業資金を借り入れする場合など事業計画書の提出が必ず求められます。
また、事業計画書を作成することで具体的な数字や文字を使い、文章化することで自分の考えを客観的に見つめ直すことが出来ます。
↓

3.事業に必要な資格や許認可の確認

飲食店・美容院・人材派遣業・建設業など、業種によっては事業を行うために資格や許認可が必要です。
これら許認可が必要な業種に関しては、会社設立後の許認可を踏まえた会社の設立をしないと、許認可を受ける要件を満たさない…という場合も出てきます。
予め必要な許認可をチェックしておきましょう。
↓

資金調達

開業するにあたり必要となる資金を計算しますが、その中で自己資金で賄えない部分についての資金を調達を検討します。
↓

会社設立!独立開業

会社を設立するにしても、個人事業を行うにもいろいろな手続が必要になってきます。 どのような手続が必要で、どれぐらいの期間が必要か検討しましょう。
↓

開業したら

ビジネスは開業してからが本番です。作成した事業計画と現状を定期的に比較して、問題点を洗い出すことが重要です。問題点を見つけ、その対処方法を検討し、自分の目標に一歩でも近づけるように頑張りましょう!

ページトップへ